CATEGORY / 未分類

手順と共に理解しよう

保険ショップの担当者などに相談せず、自力で保険を見直すにあたって、保険料の負担を軽く、子どもが成長するまでの間など、一定の期間だけ保障を手厚くしたい場合、定期保険特約を追加するのも良い方法と言えるでしょう。こちらは、10年や15年で更新する特約になります。

また、保険期間が適切なものかどうかという問題も、保険見直しのチェックポイントとなります。そのような場面では、回避したい経済的リスクが、生涯にわたってあるものか、一時的なものなのかが問題となります。終身型で貯蓄機能のある保険は、満期になる前に解約すると損をしてしまいます。しかしながら、定期型の商品であれば、更新のタイミングに合わせて、新たに終身型の保険に入り直すことが可能です。また、定期型の保険を、期間限定の商品と割り切って更新し続けるという選択肢もあります。とは言え、年齢が高くなると、契約更新料もそれだけ高くなるという点に注意する必要があります。

次に、現在支払っている保険料が適切なものかどうかも、確認しておくべき問題です。主契約の保障金額や特約の数が多過ぎて、保険料が家計を圧迫している場合には、保障を適切なレベルまで削ることで、無駄な保険料の負担から解放されます。

頻出する業界用語

保険の業界用語である「契約転換制度」は、車を下取りに出す時のように、古い保険で積み立てたお金を、新たな保険に加入する際の頭金に充当することができるシステムです。この仕組みを利用すると、新規契約する場合と比較して、頭金の分だけ費用の負担が軽くて済むというアドバンテージがあります。ただし、古い保険の運用利回りはリセットされ、新しいものになるほか、保険料は、転換する時の年齢で計算し直されるため、加入当時と比べて高額に設定される点には注意する必要があります。

次に、現在加入中の保険の保障金額が適切なものであるかどうかをチェックします。その際に、保障額が不足している、もしくは多過ぎると分かった場合、それぞれ増額・減額という形で対応することが可能です。また、現在の保険に加入した時機によっては、今のニーズとはミスマッチなものとなっている可能性もあります。

そのような場合には、先ほども述べたように、運用利回りが低下するという注意点は存在するものの、転換制度を利用して、新たな保険に入り直す方法もあります。また、子どもが大きくなるまでの間だけ、保障を手厚くしたい場合などには、定期保険特約を追加するという選択肢もあります。

方法と基礎知識の理解

これから、保険の見直しをしようと考えている人も見受けられます。そのようなシーンでは、保険見直しの方法や、保険に関する基本的な知識などをチェックしておくことが大切です。その内、保険を見直す方法には、保険ショップなどの担当者に相談するという選択肢もあります。ただし、そのような場合でも、担当者に全て任せきりにするのではなく、保険に関する最低限の知識は、前もって得ておく必要があります。また、ショップなどで相談をするのではなく、独力で保険の見直しを行なう方法もあります。

そのような方法を実践する場合、「転換制度」・「延長保険」・「払済保険」など、保険見直しをする際に頻出する業界用語の意味・用法を理解しておくことも大切です。それらの用語に関する理解を深めるためには、保険を見直す手順も併せてチェックすると良いでしょう。

まず、現在加入している保険が、想定される経済的損失を回避する上で適切なものであるかどうかを見定めます。保険の種類自体が違っている場合はもちろんですが、特約で備えていた保障が不足しそうな場合には、新たな保険に加入し直す必要があります。そのように、古い保険を解約して、新しい保健に加入するに際しては、「契約転換制度」と呼ばれるシステムを利用することができる場合があります。


- PAGE 1 OF 2 -

Next Page  

loading
×