手順と共に理解しよう

自力で保険見直し保険ショップや保険相談の訪問に依頼などに相談せず、自力で保険を見直すにあたって、保険料の負担を軽く、子どもが成長するまでの間など、一定の期間だけ保障を手厚くしたい場合、定期保険特約を追加するのも良い方法と言えるでしょう。こちらは、10年や15年で更新する特約になります。

また、保険期間が適切なものかどうかという問題も、保険見直しのチェックポイントとなります。そのような場面では、回避したい経済的リスクが、生涯にわたってあるものか、一時的なものなのかが問題となります。終身型で貯蓄機能のある保険は、満期になる前に解約すると損をしてしまいます。しかしながら、定期型の商品であれば、更新のタイミングに合わせて、新たに終身型の保険に入り直すことが可能です。また、定期型の保険を、期間限定の商品と割り切って更新し続けるという選択肢もあります。とは言え、年齢が高くなると、契約更新料もそれだけ高くなるという点に注意する必要があります。

次に、現在支払っている保険料が適切なものかどうかも、確認しておくべき問題です。主契約の保障金額や特約の数が多過ぎて、保険料が家計を圧迫している場合には、保障を適切なレベルまで削ることで、無駄な保険料の負担から解放されます

しかし、自力で保険を見直すことにも限度があります。専門用語多く、保険の場合によっては受けれるものと受けれないものなどがあります。できることなら専門家に相談することをお勧めします。

loading
×