頻出する業界用語

保険の業界用語である「契約転換制度」は、車を下取りに出す時のように、古い保険で積み立てたお金を、新たな保険に加入する際の頭金に充当することができるシステムです。この仕組みを利用すると、新規契約する場合と比較して、頭金の分だけ費用の負担が軽くて済むというアドバンテージがあります。ただし、古い保険の運用利回りはリセットされ、新しいものになるほか、保険料は、転換する時の年齢で計算し直されるため、加入当時と比べて高額に設定される点には注意する必要があります。

次に、現在加入中の保険の保障金額が適切なものであるかどうかをチェックします。その際に、保障額が不足している、もしくは多過ぎると分かった場合、それぞれ増額・減額という形で対応することが可能です。また、現在の保険に加入した時機によっては、今のニーズとはミスマッチなものとなっている可能性もあります。

そのような場合には、先ほども述べたように、運用利回りが低下するという注意点は存在するものの、転換制度を利用して、新たな保険に入り直す方法もあります。また、子どもが大きくなるまでの間だけ、保障を手厚くしたい場合などには、定期保険特約を追加するという選択肢もあります。

loading
×